また家族に迷惑をかけてしまいました

死のう。死のう。
死ぬことばっかり考えてました。

死

私が死に場所に選んだのは、北海道です。
今じゃ北海道にも新幹線で行ける時代。
青函連絡船はもうありません。
上野発の夜行列車降りた時から、青森駅は雪の中
北へ帰る人の群れは誰も無口で、の北は、北海道のことですよね。
確か。違ったかな?
上野発の夜行列車を降りた人の群れは、青函連絡船に乗って、北海道に帰っていくんですよね?
青函連絡船が着くのは函館。
はーるばる来たぜ、函館~の脚痩せ 函館ですよね。

出来れば、青函連絡船から身を投げて死にたかった。
津軽海峡冬景色を見ながら。

どうかしてたんでしょうか?
私が死に場所に考えたのは、津軽海峡の底にあるという竜飛海底駅か吉岡海底駅でした。
青函連絡船からの身投げが無理なら、この際、津軽海峡の海底駅で列車に飛び込んだらいいと考えていました。

津軽海峡までは、やはり上野発の夜行列車じゃなきゃいけません。
なのに、上野発の夜行列車は、もうありません。
なんなんだ!

仕方がないので、夜行バスで行くことにしました。
人生最後の夜を窮屈な座席に縮こまって、眠れない夜を過ごしました。
夜行バスというのは、カーテンが閉まっていて、どこに向かっているのやらさっぱりわかりませんね。
座席ごとにカーテンで仕切られて、変な空間でした。
カーテンの隙間から、高速道路の街灯の明かりがチラチラ過ぎ去っていくのが、気持ちを逆なでていきます。
狭い空間に横たわっていると、すでに棺桶の中にいる気分でした。

私はいつの間にか眠っていたようです。

朝、ごそごそと人の動く気配に目が覚めて、いよいよ青森に着くのだなと思いました。

青森駅に着くとすっかり明るくなっていて、快晴でした。
駅のトイレで顔を洗って。こんな時でも顔を洗うものなんだなと、習慣ってこんなものかなんて思いました。
すると歯を磨けないことが気持ち悪くなってきて、どうせ死ぬんだから、歯が気持ち悪いくらいどうだっていいのに。

その時、まだ自分は死にたくないのだとわかりました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です